ふぇぶろぐ!

ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

iMacをディスプレイ化したい。其の一

こんにちは。

変な天気が続いています。降るのか降らないのか、はっきりしてくれ。

昨日はiPhone4sを改造する記事を上げましたが、

febri.hatenablog.com

他にもiPhoneの液晶交換、バッテリー交換、iMacのHHD交換など色々分解しています。

いつも何かを改造・修理するときにはYouTubeの動画を参考にしています。

僕は一度分解すると、もっと分解したくなってくる一種の分解病なので、MaciPodの改造動画を参考に作業していると、他の機種も分解・改造してみたくなってきてしまいます。

 

「なにか、何か分解するものは無いか!!」

あたりを見回すと、そこには壊れたiMacが。

「私を、私を改造して。このま放置されて、いずれ捨てられるくらいなら、

いっそ分解されたほうがマシよ!」

「ようし!ならばお前を分解してやる」

 

茶番はさておき、壊れたiMacというのはiMac Mid2010で、起動しなくなってしまった物です。グラボのリフロー等試したのですが、復活しませんでした。。

f:id:febri:20180611182240j:plain

なので今回はこちらのiMacを改造、21.5インチのディスプレイを内蔵して、

iMac型のディスプレイとして第2の人生を歩ませたいと思います!

 

内蔵するディスプレイはこちら。

f:id:febri:20180611181624j:plain

Windows Vista時代の古いディスプレイ、AcerのH223HQという物です。

21.5インチでFull HDと、iMacの液晶と同じスペックですね。

入力端子は、HDMI、DVI、VGA、3.5mmジャックです。

HDMIが付いているのが有り難いですね。

難点は、IPSでないので、純正と比較して視野角が狭いことくらい。

 

現在は、もう少し薄くて安く、視野角も広い液晶が売っているので、それを使用しても良いのですが、手元にあるディスプレイを有効活用したかったため、

こちらを使用することにしました。

 

iMac G3やG4の改造は結構されていて、動画も沢山上がっているのですが、2010年モデルの改造となると、まだ誰もやっていなさそうなので、参考にするものが無く、苦労しそうです。

 

HDD交換が叶わなかったiPod 5Gも、そのうちSSD化したいな。

 

 

 

ではまた。