ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

iOS12の日本語版ページができたよ!

長らく英語版のページしか無かったiOS12の解説ページですが、

ついに日本語版のページが公開されました。

www.apple.com

これまではこのような英語表記のページで、対応機種位は確認できたのですが、細かい説明の意味は解りませんでした。

 

f:id:febri:20180622135245p:plain

Apple公式サイトのトップページを下にスクロールすると、

 

f:id:febri:20180622134751p:plain

 

iPhone8の横に、iOS 12のタイルが現れます。

タイルをクリックすると、上記リンクのページに飛びます。

 

f:id:febri:20180622135013p:plain

 

しっかりと日本語になっています。

さらなる力をあなたに?どこかで聞いたようなフレーズです。

下へ行きましょう。

 

パフォーマンス

f:id:febri:20180622135418p:plain

 

「毎日することを、より速くしよう。」とある通り、iOS12ではパフォーマンスの改善が大きな目玉となっています。

ロック画面からカメラへのアクセスは70%、

キーボードの表示は50%、

アプリケーションの起動速度は最大で2倍だそう。

これは、WWDCでも発表がありましたよね。

 

FaceTime

f:id:febri:20180622135727p:plain

同時に32人でのテレビ電話ができると。ひみつ道具のようですね。

ですが、他のアプリケーションで既に出来る事なので、新鮮味はありません。

 

Me文字

 

f:id:febri:20180622140053p:plain

 

アニ文字のキャラクターを、自分でカスタマイズ出来るというもの。

これは良い機能だと思いますが、iPhoneXのみ対応というのが...

 

 

ScreenTime

f:id:febri:20180622140308p:plain

スクリーンタイムと呼ぶらしいですが、機能的には、複数の通知を、

カテゴリーごとに自動でまとめてくれるというものです。

通知が多い人にとっては嬉しい機能かもしれません。

 

対応機種

f:id:febri:20180622140559p:plain

 

今回は珍しく、1機種も打ち切られ無かったため、心配は無用ですが、一応説明しますと、iPhoneは5S以降(5cは非対応)

iPadAir,mini2以降。iPodは第6世代のみとなります。

5年前の機種にまで対応してくれるAppleさん、流石です。

 

Apple Beta Software Program

f:id:febri:20180622140858p:plain

 

そして、本配信より一足先にiOS12を体験出来るのがこのApple Beta Software Programです。Apple IDを持っていれば登録でき、iOSmacOS、tvOSなどのパブリックベータ版を利用することができます。

 

f:id:febri:20180622141225p:plain

 

現在は、近日開始となっていますが、6月中には配信が開始される見込みです。

 

まとめ

 

iOS12のサイトが日本語に対応したことで、WWDCで発表された説明も公式の説明で見られるようになりましたし、β版の配信が近づいてきた感じがします。パフォーマンス改善が主となるiOS12ですが、良アプデとなるか、はたまたiOS8のように不評か。前者であることを願います。

 

 

 

ではまた。