ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

Android2.3の端末を今更真面目にレビューしてみた。【ZTE 009Z】

こんにちは。新しいものも好きだけど古いものも好き。ふぇぶりです。

 

Androidも9まで来ましたね。つい最近まで4.4や5.1使ってた気がするのに...

新しいバージョンもいいけど、たまには古いAndroidで遊んでみたいなぁ~

と、思っていたらAndroid2.3の端末が出てきたので、今回は7年ほど前の端末、ZTE製のSTAR7 009Zを真面目にレビューしていきたいと思います。(誰得

 

f:id:febri:20180723160749j:plain

 

主要スペック

・OS:Android 2.3.4 Gingerbread

・SoC:Qualcomm Snapdragon MSM8255 1GHz

・RAM:512MB

・ROM:4GB

・バッテリー:1500mAh

・液晶:800x480ドット、WVGA

・カメラ:503万画素

Bluetooth:2.1

・サイズ・125mm x 62mm x 12mm

・カラー:7色

・発売日2011年12月22日

・修理受付終了日:2018年2月28日

www.softbank.jp

詳しい情報は、SoftBank公式サイトで。

 

このスマートフォンは、中国のZTE社が製造し2011年にソフトバンクから発売された端末です。SIMロックも解除できるそう。

ROMが少なめな気がするけど、2.3時代ではこれが普通かな。

液晶に関してはあらさが感じられますがこんなものかと。

バックパネルが外れ、バッテリーが交換可能なのもこの頃のスマホの特徴ですね。ちなみに防水。

外観紹介

 

箱と、買ったときに付いていたお父さんストラップがあったはずだけどどこかへ行ってしまったので本体のみ紹介。

正面

f:id:febri:20180723145545j:plain

 

斜めからの図。3.8インチと小型なのに大分分厚いな。

物理キーの並びは中華フォンに多いタスク・ホーム・戻るの順

背面

f:id:febri:20180723145817j:plain

 

この端末のカラーはヴィーナスイエロー。艶がかった黄色だけど、ちょっと金が混ざったような色。カメラ横の隙間から、バックパネルが外れます

 

左側面

f:id:febri:20180723150220j:plain

 

左側はクレードル用の充電端子のみ。色を見るに、前面と背面で、中の銀色フレームを挟んでいるような造り

右側面

f:id:febri:20180723150426j:plain

右側は各種ボタン類。上から電源ボタン、音量キーのみ

 

下側

f:id:febri:20180723150715j:plain

 

下側右には、ワンセグ用のTVアンテナが内蔵されていますね。

Xperiaなど外付けなので、これはいい機能かも。(ワンセグ全く見ないけど

 

上側

f:id:febri:20180723150950j:plain

ピンぼけすみません

上部には防水用のキャップが有り、これを取ると充電用のMicro USB、イヤホンジャックが顔を出します

 ZTE STAR7の良いところ

・手に馴染みやすい、適度な厚み

・小型が好きな方におすすめ3.8型

・安心のMicro SD対応

・ROMは安心の4GB

・SoCは安心のSnapdragon S2

・通常SIMなので、nanoSIM、MicroSIMどっちも挿せる

・USB端子はキャップで守られているため防水対応

ZTE STAR7のいまいちなところ

・分厚すぎ

・3.8インチの割には本体がデカイ

・SD挿さないとマトモに使えない

・ROM、少なすぎ

・S2!?S210の間違いじゃなくて?

・通常SIMなんて誰が持ってるんだよ

・いちいちキャップ外すの面脳臭いんじゃー!

使用感

・アプリはもっさり、ホームはヌルヌル

流石に7年前の端末なので仕方ないか。ブラウザはOperaが使えたがやはり遅い

だがホーム画面の動きは以外にもなめらか。これはAndorid4.x系よりも上だと思う。

だけどiPhone4Sと比べるとなんとも...

 ・ダウンロードにMicro SD必須

壁紙用に画像を落とそうとしたら、Micro SD入れろって。

・何気にバックパネルの開閉が面倒くさい

Micro SD等を出し入れする際、バックパネルを開けるんだけど中々固くて指がすこし痛くなる。やはり横出し入れが良いな。

・物理ボタンが気持ち良い

決して押し易いとは言えないけど、何故か気持ちいい。ハードキーはいいものだ

 

アプリの動作

Android2.3で動くアプリは限られているけど、動くものも沢山あります。

Android2.3ではスクショが撮れない為外部撮影。画質は勘弁。

・ホームアプリ(GOランチャー

f:id:febri:20180723154140j:plain

ホームアプリにGOランチャーを導入。2.3対応を探すのが大変でした

快適に動作。iPhone並のヌルヌルさです

 

CPU-Z

f:id:febri:20180723153748j:plain
f:id:febri:20180723153737j:plain

 

起動、動作ともに快適。

CPUはS2 1.02GHzでした。Total RAMが374MBと表示されているのはバグなのか?

 Snapdragon S2はAntutu v5で6500点程度。iPhone 4sは2万程度なので、約3分の1。

YouTube

f:id:febri:20180723154317j:plain

遅いが見れる。重いが見れる。

Power PC G4とかと同等かな?

 

Google Playストア

f:id:febri:20180723154441j:plain

 

読み込みに失敗することが多々あるが動作する。UIも最新のものと同じなので迷わない。ただ、2.3対応を探すのが大変

 

・ブラウザ(Opera mini

f:id:febri:20180723154738j:plain

 

2.3対応を探し当てたのがこれ。速度は遅いが、まぁまぁ動く。

 

プリインストールアプリケーション

f:id:febri:20180723155254j:plain

 

キャリアから発売された端末なので、勿論キャリアアプリケーション満載。

プリインストールされているものは

mixi

Twitter

SoftBankメール

・すぐデコ!

・Gガイド番組表

Ustream

災害用伝言板

・着信拒否

・アラーム

・カバコレ

・コミックLIFE

・ストップウォッチ

・スマセレ

・タスク管理

・使い方ガイド

・電波チェッカー

・とくするライフ

Wi-FIスポット設定

・Virus Scan

・@アプリ

・世界時間

・乗換案内

・音楽・動画

レコチョク

・ムービーLIFE

・ブック

 

26個のアプリが初期搭載されています。

多い、多いよ...

 

 

対応バンド

SoftBank 3Gの1.5/2.1GHz、GSMの900MHz/1.9GHzに対応している。

もしかしたらMVNOが利用できるかも知れないけど..

仮にWi-Fiのみの使用に限るとしても、購入はおすすめしない。

 

まとめ

流石に2018年にもなってこの端末を現役にすることは難しいけれども、今でも使えないことは無いです。Androidも2.3とはいえ、まだまだ使えるアプリが多い(危険ですが

まだまだ捨てたもんじゃ無いってことです、簡単に言うと。

 

 

ではまた。