ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

Androidx86を使ってみよう!

 

"no-img2″
ましろ

う~ん、このアプリ、もっと大画面で使いたいなぁ。

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

それなら、Androidx86を使ってみたら?

"no-img2″
ましろ

Androidx86...?なにそれ、面白そう。

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

じゃあ今日は、Androidx86の起動USBメモリの作成手順、起動手順について教えていくわね。

Androidx86について

Androidx86は、Googleが開発しているARMチップ等Mobile向けAndroidを、x86アーキテクチャに移植させたものである(x64もある)。Androidバージョン4.0から開発が続けられ、現在は最新版であるAndroid8.1までリリースされている。

"no-img2″
ましろ

へぇ~。つまり、パソコンで動くAndroid、ってことだね。

ライブ起動USBメモリの作成

まずはお試し、ライブ起動用USBメモリを作ってみます。勿論これでインストールすることも可能。

USBメモリの用意

8GB以上(16GB推奨:アプリをインストールするため)のUSBメモリを用意し、FAT32形式でフォーマットします。

f:id:febri:20180728002854p:plain

"no-img2″
ましろ

USBメモリ内のデータは消えちゃうので、どこかに移しておいてね。

Androidx86 isoファイルのダウンロード

Androidx86のホームページより、好きなバージョンのisoファイルをダウンロードします。英語のため少々ややこしいのでAndroid8.1-x86の直リンクを貼っておきます

osdn.net

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

Android7.1の場合は、Androidx86のホームページよりThe Android-x86 7.1-r2 released、https://osdn.net/rel/android-x86/Release%207.1android-x86-7.1-r2.isoの順にクリックしてくださいね。

Win32 DiskImagerのインストール

Androidx86のisoイメージをUSBメモリに書き込むツールとして、Win32DiskImagerをダウンロード・インストールします。 以下のリンクより緑色のダウンロードボタンを押せばダウンロードが開始されます。

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

isoファイルの書き込み

Win32 DiskImagerがインストールできたら、PCにUSBメモリを挿し、管理者権限でWin32 Disk Imagerを起動します。

f:id:febri:20180728002854p:plain

Device欄で先程フォーマットしたUSBメモリを選択し、その横のファイルマークを押してAndroidx86のisoファイルを選択します

f:id:febri:20180728212943p:plain

この時右下の拡張子選択欄が.imag,.IMGになっているので、*.*に切り替えないとisoファイルが現れません。

f:id:febri:20180728212943p:plain

isoファイルが選択できたら、White、を押して書き込みを開始します。

f:id:febri:20180728212943p:plain

続行してもよろしいですか?と聞かれるので"Yes"をクリック。エラーが出る場合は、日本語パスの入っていないドライブへ移動して下さい(Cドライブ直下など)。

"no-img2″
ましろ

そしてこちらが出来上がったUSBメモリです。f:id:febri:20180728223522j:plain

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

って、それだけじゃ分からないわよ...

PCでの起動

USBメモリの作成が終わったら、次はいよいよ起動です。

PCにUSBメモリを挿し、F2(機種によってはF12やDelete)を連打し、BIOSを開きます。

BIOSにて、USBメモリの起動順位を一番上にします。

F10またはesc(機種によって違います)を押して設定を保存・再起動。

f:id:febri:20180728224438j:plain

この画面が表示されたら、Enterを押します。

f:id:febri:20180728224544j:plain

なにやらコマンドが表示されて...

f:id:febri:20180728224547j:plain

Androidの文字が。

f:id:febri:20180728224706j:plain

少し待つと見慣れたAndroidの初期設定画面が出てきます。ここからはいつもと同じ。

f:id:febri:20180728224939j:plain

"no-img2″
ましろ

ど、どうなってるの><

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

落ち着いてやり直せばできるわよ。

f:id:febri:20180728225203j:plain

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

ほらね?

"no-img2″
ましろ

さすがくみさん!

ベンチマークを取ろうと思ったんだけど...

Androidx86 8.1に初期搭載されているアプリはこちら。

f:id:febri:20180728225419j:plain

もちろんGoogle Playもありますよ。

f:id:febri:20180728225605j:plain

AntutuやGeekBenchを回そうと思ったのですが、アプリが途中で落ちてしまい出来ませんでした..

f:id:febri:20180728225944j:plain

Android 8.1

Android8のイースターエッグもしっかり表示されます。

f:id:febri:20180728230806j:plain

このタコは、どうやって遊べば良いのか未だに判りませんが...

f:id:febri:20180728230826j:plain

また、試しにデレステをインストールしようとしたところ、エラーが出てインストールすらさせてもらえませんでした。

まとめ

Androidx86は、新しいパソコンに入れるにはもったいないですが、自動でドライバを当ててくれるため、Vista時代の古いパソコンに入れるのがおすすめです。今回はライブ起動まででしたが、インストール編もやる...かもしれません。

"no-img2″
ましろ

やっぱり、パソコンでAndroidが動かせるなんておもしろいね、くみさん!

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

そうね。でも、パズドラなどエミュレーター対策がなされているアプリは動かないから注意よ。

"no-img2″
ましろ

はい!了解ですっ!

f:id:febri:20180727025325j:plain
くみ

最後までご覧いただきありがとうございました。良ければコメントしていってね!

"no-img2″
ましろ

ではまた!