ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

過去の予想と比較して見る、新型iPhoneリークの確実性。

毎年新型iPhoneが発売して少し経つと、次の年のiPhoneの情報がネット上に流れ始める。中には2年ほど前から噂されている事項もあったくらいだ。

現在では9月に発表が予想されているiPhone X Plus(仮称)等の予想・リークが多く流れているが、そのうちどれほどが実際の製品として登場するだろうか。

今回は、過去の予想と実際の製品の違いを元に、次期iPhoneの予想について書いていきたいと思う。

iPhone Xの予想・リーク

名称について

iPhone Xは、発売数ヶ月前までiPhone 8と呼ばれていた。iPhone7の次の7sを通常モデル(ホームボタン付き)とし、iPhone10周年記念モデルをiPhone 8と「9TO5Mac」「Macお宝鑑定団」等が予想していた。他にも、「iPhone X Edition」や、「iPhone 8 Edition」等の名前も有力な説とされていた。

実際に販売されたiPhone Xという名称は初めから候補とされていたが、その名前が確定的となったのは9月にiOS11のGMよりiPhone Xの名前が見つかった後である。

今年発売される見込みの"iPhone X Plus"も、iOS12のGMによって名称が確定する可能性が高い。

 

ディスプレイ・ホームボタン(生体認証

ディスプレイサイズはiPhone7とは異なるサイズとなることが予想され、実際に過去製品とは異なる5.8インチで登場した。液晶パネル(LCD)ではなく有機ELが採用されるとの予想も的中。しかし、当初はTouch IDが電源ボタンもしくはディスプレイ内に搭載されるため、"ノッチ"は無く、全画面スマホとして登場すると考えられていた。

しかしアナリストのミンチー・クオ氏のレポートを元にTouch IDが搭載されない説が広まり、指紋認証の代わりとしてノッチ部分に顔認証・虹彩認証が搭載されるという予測が高まった。

ホームボタンは、現在のAssistive Touchのような仮想ボタンになるという説、NetBix Robinのような側面に別なホームボタンが搭載され、そこに指紋認証センサーが搭載されるという説などあったが、上記の通り指紋認証が非搭載とされたため、ホームボタン搭載の可能性も否定された。

Touch IDのみ背面に移動して搭載される説も浮上したが、既存製品の後追いであることや、Appleとしては相応しくない、などの考えから信じないファンも多くいた。

今年のiPhoneは3機種ともiPhone X風のデザインとなることが予想されているため、指紋認証が搭載されたモデルは登場しないだろう。

 

本体カラー

カラーバリエーションの予想は前機種であるiPhone7の同様に

・スペースグレイ/ブラック/シルバー/ゴールド/ローズゴールド

の5色となるという予想が初めにあり、

発売1ヶ月ほど前には新色"カッパーゴールド"(フラッシュゴールド)を含めた

・ブラック(スペースグレイ/ホワイト(シルバー/カッパーゴールド

の3色での発売が予測されていた。

しかし実際に発売されたのは

・スペースグレイ/シルバー

の2色だった。iPhone6sの発売前に噂されていたピンク系カラーの追加は的中したが、今回はシンプルな色のみの販売となった。新色の追加はiPhoneのデザインが大きく変化しない時が多い(iPhone5s,6s,7,8)為、次期iPhoneで新色が追加される可能性も考えられる。

 

f:id:febri:20180730031125j:plain

ストレージ容量(ROM

iPad Proが512GBの容量オプションを設けたこと、他メーカー端末の大容量化(ストレージ1TBの「Smartisan Nut R1」等)などにより、iPhoneにも512GBが追加され、64GB、256GB、512GBの三種類が販売されると予測されていた。しかし実際に販売されたのは64GBと256GBの二種類。最低容量はiPhone7の32GBから2倍となったが、128GBモデルが無くなったため選択しが減った形となった。

次期iPhoneでは、512GBNANDチップの採用等によって、512GBモデルの登場が見込めるかもしれない。

ついにスマホの記録容量が512GBに、Samsungが64層V-NANDを使った「eUFS」を開発 | BUZZAP!(バザップ!)

 

外れた噂

Touch ID の画面内埋め込み

512GBストレージモデルの追加

新色:カッパーまたはブラッシュゴールドの追加

モリーが4GBに増加

防水性能(IPX)がアップ

当たった噂

iPhone 7/7Plusより高解像度に

有機ELディスプレイの採用

ホームボタンの廃止

ワイヤレス充電(QI)に対応

背面がガラスに

iPhone XiPhone 8より発売日が遅れる

価格が10万円以上に

iPhone 2018のリーク情報

米メディア9TO5Macによると、今年9月に発表される新型iPhoneは3機種になると予測されている。

1つは従来のIPhone Xの進化・拡大版であるiPhone X Plus(仮称。

1つはiPhone Xのサイズはそのままで、中身のみ進化したiPhone 2018(仮称。

そしてもう1つは、有機ELではなく液晶を搭載したiPhone X型の端末だ。 

iPhone X Plus

iPhone X Plus はiPhone Xと異なり、6.5インチで480-500ppiのOLED(有機EL)を搭載している。この端末はiPhone Xと同じくホームボタン・指紋認証非搭載で、画面上部のノッチにカメラを搭載し、Face ID Unlockを行う。

現時点で出ている主な予想は

・トリプルカメラ

・Dual SIM

・ROM512GB

・RAM4GB

・A12チップが7nm-TSMC

等がある。ROMについては先に述べた通りだが、RAMはiPhone Xの3GBから増加する可能性が高い。トリプルレンズについても、HUAWEIのP20 Proが採用していることから、iPhoneに搭載されるかもしれない。

www.macrumors.com

iPhone 2018(OLED 5.8"

このモデルは昨年発売のiPhone X同様に5.8インチOLED搭載で、基本的なデザイン・機能はiPhone Xと変わらないが、RAM・ROMの増加等、改良が加えられるだろう。

 

廉価版iPhone (LCD 6.1"

発売が見込まれる三機種の中で唯一液晶を搭載しているこのモデルは、iPhone8/8Plusの後継に当り、中間サイズとなる6.1インチ、320~330ppiの液晶を搭載すると見込まれている。

その他のスペック予想は

・3D Touch非搭載

・RAM 4GB

・シングルカメラ

・ワイヤレス充電(Qi)非対応?

となり、機能を削り、製造コストを抑えることによって5.8インチOLEDモデルより2.2万円程安い66,500円~77,600円で販売される、と言われている。

 

 デザインの信憑性

iPhone X発売前にはSNS上などで様々なレンダリング画像・パーツ画像が飛び交ったが、デザインの変更が見込まれない今年は、今公開されている画像に、去年よりは信憑性があるだろう。しかしiPhone Xとほぼ同じデザインの画像が確定し、iPhone Xのパッケージとされる画像が流出始めたのは 発表直前の9月上旬。あと1ヶ月ほどは、いま出ている画像・デザインで確定とは言い切れないだろう。

 

f:id:febri:20180730025603j:plain

 

まとめ

全体的にみると、最近はSNSからの流出等により、リークの信憑性が高まっている。

さらに今年は大きなデザイン変更が見込まれないため、リーク画像はほぼ正解と言えるだろう。

しかし、本当の問題は名称である。iPhone Xに関しても、iPhone 8やX Edition、iPhone 8 Editionなどが予想されていたが、今年はXの次と8の次である。数字順に並べるだけならばX1や11、8sや9等だが、X1は他メーカーとの被り、 11になれば8シリーズが9、10と来たときに被ってしまう。

Appleらしく「新しいiPhone」や「iPhone 2018」でもよいが、3種類のiPhoneに、どう名付けてくるだろうか。デザインやスペックではなく、そこが一番の見所ではないかと思う。