ふぇぶろぐ!

ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

最新のiPhoneを買うのは間違いなのか

 

今年のiPhone3兄弟では、遂にホームボタンがなくなってしまいました。

来年は、ディスプレイまで無くして来たり?

 

f:id:febri:20180913040250j:plain

 

2018年9月21日に発売されたiPhone Xs/Xs Max。

Xとは違い記念モデルではないのに、とても高額ですよね。

でも、来年以降また価格が上昇するかもしれないし...スマホ市場全体で見ても単価が上がっているし、これを逃したらさらに...

 

そこで、これ以降出てくるiPhoneは高額なものばかりなのかを考えてみました。

 

 

 

すべてベゼルレスに統一された

今年のiPhoneは、3機種が3機種ともホームボタンのないベゼルレスデザインを採用しています。

これが何を意味するかと言うと、どうあっても価格の上昇は避けられない、ということです。iPhoneは特殊な技術を用いて下部ベゼルをギリギリまで削減しているため、コストが掛かります。

さらに、デザインが確立されて大きな変更ができなくなれば、Appleは変化を求めて次々と新機能を搭載したり、メモリを増加させるでしょう(今回のeSIM搭載、RAM・ストレージ増加など)。

この先ずっとこのデザインが採用されれば、価格が下がることは無いでしょう。

Appleが高級路線に走った

昨年発売されたiPhone Xは価格が999~と高額だっただめ、スマートフォン全体の販売単価が上昇することとなりました。

 

しかしスマートフォンの普及が進み、販売数が伸び悩む現在、Appleは発売単価を引き上げることによって売上高を維持し、成長に繋がったとの調査結果があります。

Appleスマートフォン需要の減少を予測し、それを販売単価でカバーするために高級路線に走ったとも捉えられるため、今後路線変更をすることは無さそうです。

廉価版の代わりに旧機種を

「高級路線に走った」と言いつつも、廉価機種も存在します。

それはiPhone 8や7などの旧機種です。Appleは格安スマートフォンと呼べるような機種は開発していませんが、iPhoneはもともと高い性能を持っている上にOSのアップデートが長期間保証されているため、発売後数年経過した機種でも販売が継続されています。

中国メーカー等と比較してしまうと正直高いですが、「iPhoneを使いたいけど高いからなあ...」という人をターゲットとしたこの戦略は、高級化路線が進むに連れて効果が表れていくのではないかと思います。

iPhone XRは安いじゃないか

iPhone XRは安いじゃないか」。こう感じる方もいるでしょう。

最低84,800円というのが安いと感じるかどうかは人それぞれですが、昨年発売されたiPhone 8は幾らだったでしょうか?

78,800円~です(発売当初)。実質的な先代機種であるiPhone 8より6,000円、値上がりしています。*1

値上がりしていることだけが「高いと言える要因」ではありません。

iPhone 8は、(Xはあるものの)iPhoneシリーズの中枢を担う機種で、ハイエンドスマホというべき立ち位置でした。

しかしXRはあくまで廉価版です。価格を上げておきながら立ち位置はメインから廉価版へと下げ、見た目もハイエンドとは言い難いものとなってしまいました。

XsやXs Maxの十万超えを見てからXRを見ると安く感じるかもしれませんが、よくよく考えると値上げされ、立場を下げられた上での84,800円という価格なのです。

「最新」に囚われるのはやめよう

そもそも毎年iPhoneを買い換える必要はありません。偶々日本の大手キャリアがバカ高い通信料を元手に端末を値引いてくれていただけの話です。

しかしそれはまだiPhoneの価格が控えめであったから。端末と通信の分離は進み、片方からは通信料を下げろ、片方からは価格を上げるぞと言われては、自然と販売価格は上昇します。

結局私達は騙されていただけなのです。「実質価格」という罠に。

「審査が通らない」と言って買うのを諦めた人は仕方なく安い方へ行きます。

最初から「これは高すぎ」と思う人も安い方へ流れます。

キャリアからMVNOに行くか、それとも安いプランに切り替えるか。

しかし多くの人は知らないでしょう。MVNOという単語さえ。

知らないことは悪ではありません。しかし、知るとより賢くなれます。知るとより良い回答を得られます。

「最新のiPhone高すぎ!」だけではなく、

「安いAndoridにするべきじゃない?」

「いや、通信料を下げるべきだ!」

「やっぱり、iPhoneがいい」

「なら、旧機種にしたら?」

「値下がりを待つべきだ!」

SIMフリー仕入れて、MVNOで契約するのはどうか」

キャリアの提案に従って高い通信料を払い続け、悪循環を続けるのではなく、消費者が気づくことが大切です。考えることが大切です。

どれだけの海外メーカーが日本進出を果たそうとも、MVNOの規模が拡大したとしても、消費者が動かなければ、意味はありません。

 

知る。そして考える。それが、携帯市場の発展に繋がると私は思います。

 

 

 

*1:さらに言えばiPhone 7は72,800円~