ふぇぶろぐ!

ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

【これは便利】PCでもYouTubeのピクチャ・イン・ピクチャが使えるよ!

先日、こんな記事を書きました。

febri.hatenablog.com

この記事で紹介したのはYouTube内でのみ利用可能なミニプレーヤーでしたが、YouTubeサイト外でも利用できる『ピクチャ・イン・ピクチャ』機能を見つけたので紹介したいと思います。

 

 

ピクチャ・イン・ピクチャとは

Androidは8.0から、Google Chromeはv70から利用可能となった機能で、ブラウザ・アプリケーション上またはデスクトップ上にミニプレーヤーを表示できます。

YouTubeだけで画面の半分を占有することなく作業できる便利な機能です。

 

ピクチャ・イン・ピクチャの使い方

f:id:febri:20181101213654p:plain

▲通常、YouTubeの再生画面で右クリックを行うと、このようなメニューが出てきます。

YouTubeにて動画を再生し、右クリックでメニューを表示させます。

f:id:febri:20181101213851p:plain

▲見慣れたChromeのメニュー表示です

もう一度右クリックし、『ピクチャーインピクチャー』をクリック。

 

f:id:febri:20181101214243p:plain

▲ミニプレーヤーで出来た、再生位置変更・次の動画へのスキップは不可となっている

すると、『この動画はピクチャーインピクチャー モードで再生されています』の文字とともに、右下に小窓が現れました。

この時点では、先日紹介したミニプレーヤー機能と何ら変わりありません。

 

f:id:febri:20181101214548p:plain

▲タブをYahoo!Japanへ切り替えた例。小窓は固定されておらず、自由自在に動かせる

この『ピクチャ・イン・ピクチャ』機能の特徴として、画面上のどこにでもでも表示できる、ということが挙げられます。

 

f:id:febri:20181101214850p:plain

▲もちろん、タスクバーの上に表示させることも可能

アプリの上はもちろん、ブラウザを最小化し、デスクトップ画面を表示させてもミニプレーヤーは消えません。

f:id:febri:20181101215511p:plain
f:id:febri:20181101215905p:plain

▲サイズ変更も自由自在(左=最大時、右=最小時)

更に、カーソルをミニプレーヤーの角に合わせて大きさを調整することも可能。音楽を聞くときは小さく、動画を見るときは大きく、といったコンテンツに合わせた使い分けが可能です。

 

f:id:febri:20181101215945p:plain

 

注意点としては、ピクチャ・イン・ピクチャで表示させたミニプレーヤーが常に最前面に来てしまうこと。

ブラウザならタブを切り替えても再生は続きますが、ミニプレーヤーは閉じると再生が止まってしまうのでご注意ください。

 

まとめ

youtu.be

▲題材とさせていただいた動画(自分のチャンネルを開設するのが一番いいのかな)。

Androidでは画面が小さいためにその快適さをあまり実感できずにいましたが、PCの大画面でこの機能が使えると、とても便利に感じます。

Chromeをお使いの方は、ぜひお試しあれ!