ふぇぶろぐ!

ふぇぶろぐ!

PC・モバイルガジェットの紹介、日々のなんでもないことをつらつらと書き綴るブログ。

ふぇぶろぐ!

【インターネット】英語版サイトが秀逸な件

 

 はーい、ふぇぶりです。

英語のサイトを見るときなんて、怪しい広告をクリックしてしまったときくらいですよね。

でも、普段見ている様々なホームページにも、英語版が存在しています。

中には、日本語版よりも気合が入ったサイトもあったり...

今日は、そんな数々の英語版ページたちを紹介したいと思います。

 

 

1.シンプルですっきり

f:id:febri:20181031221045p:plain

 出典:https://www.gov-online.go.jp/eng/index.html

 

f:id:febri:20181031221218p:plain

出典:政府広報オンライン あしたの暮らしをわかりやすく

 

まずは日本の中心的なサイトから。

サイトは日本語・英語の二言語で、完全に別のページに分けられています。

 日本語版サイトは青いバーが目を引くデザインで、社会保険や地方創生、自殺対策やSNS被害など、様々な項目がタイル用に並べられていますが、英語版は富士山をイメージしたデザイン。

 

f:id:febri:20181031223158p:plain

 出典:https://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/index.html

 

トップに表示されている『Highlighting JAPAN』とは毎月発行されているオンラインの広報誌のようです。

国内向けと海外向けで発信する内容の違いが垣間見れ、面白いですね。

 英語版サイトに日本語コンテンツ?

f:id:febri:20181031224025p:plain

出典:鉄道の歴史、昔と今 | October 2018 | Highlighting Japan

 

この広報誌には日本語訳版もありました。

内容もどちらかというと、日本人向けのような..?

サイトはこちら

 

これは、日本語版のほうがすき。

2.みかん?柿?

東京都

f:id:febri:20181031225824p:plain

出典:Home - Tokyo Metropolitan Government

 

f:id:febri:20181031225645p:plain

出典:東京都公式ホームページ

 

都民なら毎日見ている?東京都のホームページは、4言語の他に『やさしい日本語』にも対応。

サイトは日本語版が標準的なタイル状なのに対し、英語版は市松模様を模した和風のデザインとなっています。

 

f:id:febri:20181031231059p:plain
f:id:febri:20181031231113p:plain

出典:Home - Tokyo Metropolitan Government東京都公式ホームページ

サイト下部も、少しごちゃごちゃした印象を受ける日本語版に比べ、英語版はスッキリとしています。

 

f:id:febri:20181031233313p:plain

出典:The joys of Japanese food through anime!|東京の飲食店検索サイト

外国人向けのこんなページも。

キャラクターを用いて、居酒屋やラーメン店での作法を紹介しているようです。

外国人でなくとも、見入ってしまいますね。

 

イラスト付きページの増殖求む。

 3.変わりすぎっ!

 最近、外国人向けの対応がなされるようになってきた鉄道各社。

その中でも、特に日本語版と英語版の差が大きかったのはこの会社。

近畿日本鉄道 

f:id:febri:20181101000148p:plain

出典:近畿日本鉄道

 

少し古さを感じさせるデザインではありますが、至って普通のホームページ。

 しかし、英語版は

 

f:id:febri:20181105022618p:plain

 出典:Kintetsu Railway Co.,Ltd.

 

まるで違う会社のサイトかと思わせるくらい洗練されたデザイン。

写真を中心い組み立てられていて見やすいことはもちろん、府県別に分けられた観光地案内は、日本語版よりわかりやすいです-_-;

 

f:id:febri:20181105172547p:plain

 出典:Nagoya Area Information | Sightseeing Spots | Kintetsu Railway Co.,Ltd.

 

名古屋のページにはこんなものもありました。

手羽先は「Tebasaki-no-karaage」で、Google自動翻訳にかけると「幕末の歌詞」^ ^; 

f:id:febri:20181105174508p:plain

出典:Nagoya Area Information | Sightseeing Spots | Kintetsu Railway Co.,Ltd.

サイトはこちら

 

味噌煮込みうどんがない・・・

 

4.似てるようで似てない..

NEXCO西日本

 

f:id:febri:20181105185822p:plain

出典:NEXCO 西日本の高速道路・交通情報 渋滞・通行止め情報

 

フラットなデザインのため見やすく感じます。

一番知りたいこと(ルート検索・交通情報・通行止め)が上に配置されているのもありがたいポイントです。

 

f:id:febri:20181105190301p:plain

出典:West Nippon Expressway Company Limited.

 

んんん?

左上のNEXCOロゴがなければ、空港か何かのサイトと勘違いしてしまいそうな。

 

 

f:id:febri:20181105191140p:plain

出典:Drivers Licenses - West Nippon Expressway Company Limited.

 

交通ルールがイラストでイラストで解説されていて親切...ですが、

 

f:id:febri:20181105191313p:plain

出典:Drivers Licenses - West Nippon Expressway Company Limited.

 

 なぜに著作権JR西日本

 

サイトはこちら

 

英語版って、写真基調のものが多いよね

さいごに

サイトのグローバル化?が進んでいますが、英語版のほうが後に出来た分、デザインが洗練されているものが多いのかな?

海外の方が多く利用する航空会社・空港などのサイトは、デザインが同じでした。

英語版のほうが面白いものもあるということが分かったので、これからは英語ページを利用するようにしたいと思います。

 

・・・英語読めないんだった。

 

ではまたこんど~

【これは便利】PCでもYouTubeのピクチャ・イン・ピクチャが使えるよ!

先日、こんな記事を書きました。

febri.hatenablog.com

この記事で紹介したのはYouTube内でのみ利用可能なミニプレーヤーでしたが、YouTubeサイト外でも利用できる『ピクチャ・イン・ピクチャ』機能を見つけたので紹介したいと思います。

 

 

ピクチャ・イン・ピクチャとは

Androidは8.0から、Google Chromeはv70から利用可能となった機能で、ブラウザ・アプリケーション上またはデスクトップ上にミニプレーヤーを表示できます。

YouTubeだけで画面の半分を占有することなく作業できる便利な機能です。

 

ピクチャ・イン・ピクチャの使い方

f:id:febri:20181101213654p:plain

▲通常、YouTubeの再生画面で右クリックを行うと、このようなメニューが出てきます。

YouTubeにて動画を再生し、右クリックでメニューを表示させます。

f:id:febri:20181101213851p:plain

▲見慣れたChromeのメニュー表示です

もう一度右クリックし、『ピクチャーインピクチャー』をクリック。

 

f:id:febri:20181101214243p:plain

▲ミニプレーヤーで出来た、再生位置変更・次の動画へのスキップは不可となっている

すると、『この動画はピクチャーインピクチャー モードで再生されています』の文字とともに、右下に小窓が現れました。

この時点では、先日紹介したミニプレーヤー機能と何ら変わりありません。

 

f:id:febri:20181101214548p:plain

▲タブをYahoo!Japanへ切り替えた例。小窓は固定されておらず、自由自在に動かせる

この『ピクチャ・イン・ピクチャ』機能の特徴として、画面上のどこにでもでも表示できる、ということが挙げられます。

 

f:id:febri:20181101214850p:plain

▲もちろん、タスクバーの上に表示させることも可能

アプリの上はもちろん、ブラウザを最小化し、デスクトップ画面を表示させてもミニプレーヤーは消えません。

f:id:febri:20181101215511p:plain
f:id:febri:20181101215905p:plain

▲サイズ変更も自由自在(左=最大時、右=最小時)

更に、カーソルをミニプレーヤーの角に合わせて大きさを調整することも可能。音楽を聞くときは小さく、動画を見るときは大きく、といったコンテンツに合わせた使い分けが可能です。

 

f:id:febri:20181101215945p:plain

 

注意点としては、ピクチャ・イン・ピクチャで表示させたミニプレーヤーが常に最前面に来てしまうこと。

ブラウザならタブを切り替えても再生は続きますが、ミニプレーヤーは閉じると再生が止まってしまうのでご注意ください。

 

まとめ

youtu.be

▲題材とさせていただいた動画(自分のチャンネルを開設するのが一番いいのかな)。

Androidでは画面が小さいためにその快適さをあまり実感できずにいましたが、PCの大画面でこの機能が使えると、とても便利に感じます。

Chromeをお使いの方は、ぜひお試しあれ!

 

 

【珍駅】30分に一度しかホームに上がれない。名古屋鉄道『西枇杷島駅』へ行ってみた!

f:id:febri:20181025002325j:plain

こんにちは。

またまた近場ですが、今回も一風変わった駅をご紹介します。

西枇杷島駅って、どんな駅?

一言で言うなら、「島」かな。

 

西枇杷島駅ってどんな駅?

名古屋市の北方に位置する愛知県清須市枇杷島町にある、名古屋鉄道(名鉄)名古屋本線の駅。

本線と支線(犬山線)が分岐するデルタ線*1を構内で管理する重要な駅です。

600m西に準急停車駅、900m東にも駅があるため利用者は少ないですが、ホームが狭すぎて危険なため列車が近づくまでホームに上がれないこと、人がいるのに無人といったことで有名となっています。

f:id:febri:20181024231218p:plain

西枇杷島駅配線図。ちなみに利用者数は440人ほど

 

JRで枇杷島駅

f:id:febri:20181024225317j:plain

 スタートは名古屋駅きしめん住よしをスルーし、東海道線枇杷島駅へ向かいます。

 

愛知県民だからって、毎日きしめんを食べるわけじゃないんだからね!!

f:id:febri:20181024233546j:plain

▲回送列車同士の縦列停車

電車同士が至近距離で見つめ合っていました。微笑ましいですね。

連結を切り離してちょっとずらしただけでしょ。

 

 

f:id:febri:20181024235854j:plain

列車に乗り込んで、新幹線と並走しながらあっという間のひと駅、

 

f:id:febri:20181024235820j:plain

▲これが、通常のホームの広さです

枇杷島駅に到着。ビワの木もなく、島の上でもない。ごく普通の駅です。

 

 

徒歩で西枇杷島

f:id:febri:20181025001357j:plain

▲駅名の右にある「TKJ」とは、JR東海の子会社東海交通事業のこと

 枇杷島駅を出て、ここから徒歩で西枇杷島駅へ向かいます。

東海交通事業(TKJ)城北線は、名古屋市内を走るのに本数が非常に少なく、しかも1両のディーゼルカーで走っているという変わった路線です。

 

f:id:febri:20181025120534j:plain

っと、途中にこんなものが。

 

f:id:febri:20181025120932j:plain

日本初の歩道橋の一部を利用したモニュメントみたいです。

 清須市西枇杷島町を通る旧国道22号(現在の県道名古屋祖父江線)の交通量は、愛知県内でも非常に多く、交通事故が多発していました。また、近くには小中学校があり、多くの子供達は登下校時に必ずこの国道を渡らなければなりませんでした。 

 そのため、PTAのみなさんから早く陸橋を作ってほしいとの声が上がり、昭和33年夏に計画が決まりました。

 歩道橋は、それまで全国に例がなく、その構造や設置場所について、建設省(現在の国土交通省)や警察と相談しながら、当時の技術を集めて、昭和34年6月、この二見交差点に、日本で最初の歩道橋ができました。

 総工事費は320万円、全長46.8m、幅2.5m、高さ5mの鉄筋コンクリート製で、高さ80cmの金網つき手すりが取り付けられました。

 その後50年たち、平成22年9月、新しい歩道橋に架け替えられました。古くなった橋は、現在、名古屋大学に保存されています。 

昭和34年だから、59年前か。日本初の歩道橋って、割と最近なんだね。

 

f:id:febri:20181025122710j:plain

▲陸橋右側が西枇杷島駅です

線路が見えてきました。もうすぐ到着です。

 

f:id:febri:20181025122910j:plain

▲タバコの自販機、売却します!?

ふと右を見たら、なんじゃこりゃ。

普通の自販機だと思ったら、自販機ごと売ってました。いくらなんでしょうか。

買う人いるの・・・

 

西枇杷島駅・周辺

f:id:febri:20181025124109j:plain

西枇杷島駅舎(恐らく昭和24年築)。ボケてる...

そんなこんなで西枇杷島駅に到着、

 

f:id:febri:20181025125242j:plain

▲まるで京急のような快速特急

すると同時に、早速列車が通過していきました。

 

f:id:febri:20181025124547j:plain

▲左から待避線・下り本線・上り本線・待避線・デルタ線への分岐線と5本もの線路が敷かれている

普通停車駅にしては豪華な設備です。

 

f:id:febri:20181025162439j:plain

▲端から端までが長い踏切。開かずの踏切ではないが、結構な頻度で列車が通過する

遮断棒は全部で13本もあり、その内の3本は空いているときの方が少ない構内踏切です。

 

f:id:febri:20181025135412j:plain

奥に見える高架は、東海道新幹線東海道本線です。

新幹線の車窓を眺めていると、突如現れる"変な駅"はここだよ!

 

f:id:febri:20181025130222j:plain

▲ホーム上にあるのは、駅名標と列車非常停止ボタンのみ

三日月状の狭いホームには屋根も待合室もなく、時刻表すらありません。

それに加え、1時間に2本の普通以外全列車が通過するので、安全確保のために普通列車が接近するまでホームには上がれないようになっています。

 

f:id:febri:20181025132536j:plain

▲30分に1本しかない普通列車。この列車の終点豊明駅は、日本一大きな無人駅だったりします

上り列車がやってきました。

立っている方を見ると、いかに狭いホームかが分かります。

こんなに狭いホームなのに、事故件数はJRの枇杷島駅より少ないという...

 

f:id:febri:20181025133549j:plain

https://www.sankei.com/west/news/171212/wst1712120068-n1.html

JRが事故等で不通になったとき、付近でのお祭り開催時などはこの狭いホームに大勢の人が上がり、大変なことになります。

 

西枇杷島駅・駅舎

f:id:febri:20181025162937j:plain

▲右側の小屋は券売機を雨風から守るためのもの

いかにもローカル駅、という趣の駅舎ですが、これでも名古屋から3駅目です。

 

f:id:febri:20181025135049j:plain

▲蔵のような建物が駅舎本体

西枇杷島駅は戦時中に一度休止しており、営業再開された昭和24年頃建てられたと思われる駅舎がそのまま使われています。

 

f:id:febri:20181025135104j:plain

▲裏からの姿は蔵そのもの。

蔵風の駅舎にしたのには、なにか理由があるのでしょうか。

 

f:id:febri:20181025142303j:plain

小屋の中にある券売機は、今は少なくなったボタン式。

 

f:id:febri:20181025143024j:plain

▲もしや蔵を改造して待合室を作った?

窓口っぽいものがあります。昔は有人駅だったんでしょうか。

 

f:id:febri:20181025143852j:plain

▲待合室内に掲示されている時刻表

時刻表はこの通りスカスカです。朝夕に毎時3・4本があるのみで、他は毎時2本。

急いでるときは隣駅まで歩いたほうが早かったりするよ・・

 

f:id:febri:20181025144810j:plain

▲列車が来るまでホームに入れないことの案内も。

西枇杷島駅長」と書いてあるのに、当駅についてのお問い合わせは名鉄名古屋駅へご連絡ください?なぜ駅長がいるのに他駅へ連絡させるんでしょうか。

 

f:id:febri:20181025145158j:plain

▲通過列車が多く危険なため、改札すぐ前の踏切は普通列車到着前まで開かない

上の方に、係員がご案内しますとの表示があります。

普段は閉まっているこの踏切、列車到着前になると係員の方が開けてくれますが、その係員さんは改札や集札を行わないため、無人駅の扱いとなっているようです。

つまり、駅員として勤務されている方がいないため、問い合わせ先が他駅になっているようですね。

え、じゃあ、「西枇杷島駅長」って...

 

f:id:febri:20181025151155j:plain

下り列車が通過するとき、構内踏切が降りているため上り列車に乗り遅れる可能性があるようです。

構内踏切をくぐろうなんて考えちゃダメだよ...

 

枇杷島分岐点(デルタ線)

列車の到着まで時間があるため、構内で管理しているデルタ線、「枇杷島分岐点」を見に行ってみます。

f:id:febri:20181025151957j:plain

三角線の左側に当たる本線と支線(犬山線)の渡り線。現在は臨時列車以外ほぼ使用されていません。

 手前側が本線で、カーブしている線路の奥に小さく見えるのが犬山線

岐阜と名古屋を結ぶ本線と、犬山城で有名な犬山・鵜沼と名古屋を結ぶ犬山線が分岐するここが、枇杷島分岐点です。

 

f:id:febri:20181025154547p:plain

Google Mapで見るとこのように、きれいな三角形を描いています。

昔はこの三角の中に民家があったそう。

ナニコレ珍百景にも登場したよ。

f:id:febri:20181025155419j:plain

▲三角形の下側、名古屋本線ですれ違う特急と快速特急

この分岐点のあたりには昔、「枇杷島橋駅」という特急停車駅があったそうです。

その名残で、分岐点から◯円区間~なんてきっぷもあるよ。

 

f:id:febri:20181025161623j:plain

▲犬山方面へ向かう列車

三角形の右側の線、犬山線を通る列車は、大きく左にカーブして北上していきます。

ここらへんはよく揺れるから、いつも車掌さんが「この先カーブがあります。列車の揺れにご注意ください」といっているよ。

 

西枇杷島駅・ホーム

f:id:febri:20181025163416j:plain

▲ギリギリに停車するのはまだいいほうで、6両編成の列車はホームからハミ出た2両のドアが開かない

さて、列車が来たので踏切を開けてもらってホームへと上がってきました。

電車との距離が近くてちょっと怖かった。

 

f:id:febri:20181025164430j:plain

西枇杷島駅駅名標二ツ杁は「ふたついり」と読む

30分に一度の列車でしか行けず、ホームには駅名標しかなく、人もおらず。

まさに、西枇杷「島」だね!

f:id:febri:20181025164035j:plain

▲ここから乗ったのは私だけ

写真だと広く見えますが、だいぶ狭いです。このホーム。

って、写真撮ってる場合じゃない。発車するよ!

 

まとめ

f:id:febri:20181025170317j:plain

今回は地元の駅を取り上げました。

地元って、県内ってだけでしょ。

いつも通過していて、よく気にしていなかった駅がこんなに面白いところだったとは、もっと早く来ればよかったな。

名古屋にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

 

名古屋鉄道名古屋本線西枇杷島駅

 住所:愛知県清須市西枇杷島町川口37-2

開業日:大正3(1914)年1月23日

ホーム:2面4線構造

 

*1:三角に敷設された線路のこと

【エラー】Windows10で「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示される場合には、インストールメディアを使おう

 

f:id:febri:20181021225708p:plain

 

こんにちは。

Windos10搭載PCを持っていらっしゃる方は多いと思いますが、その分問題も多め。

その問題の一つが「初期化に失敗する」ということです。

私も先日見事に引っかかってしまったので、解決策・回避方法について書いてきたいと思います。

 

 

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」エラーに至るまで

私の場合、

・スリープ解除後にブルースクリーン

・自動的に再起動▶スタートアップ修復が走るも失敗

仕方なく初期化を試みるも失敗

という経緯ですが、

・Windwos10が正常に起動できる状態

・回復ドライブを作成した上、そのドライブで起動

トラブルシューティングより、このPCを初期状態に戻す→すべて削除

や、

・PCの挙動が不安定になる

・Shiftを押しながら電源マーク▶再起動を選択でトラブルシューティング

このPCを初期状態に戻す個人用ファイルを保持する(すべて削除でも同じ)

といった条件下でも、このようなエラーは発生するようです。

(Microsoftコミュニティより)

 

「個人用ファイルを保持する」に失敗した場合、データはどうなるの?

「個人用ファイルを保持する」を選択してエラーを確認後、他のディスクから起動してSSDの中身を確認したところ、ファイルはすべて残っていましたが、アプリケーションは消滅していました(htmlファイルにて削除されたものがまとめられていた)

失敗したからファイルが消される、といったことは無いようです(あくまで私の場合ですが)

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と出たら、回復領域からの初期化は諦めよう

 

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」というエラーは、Windowsの回復領域からブートし、初期化を行ったときに発生するものです。

稀に、

●接続しているストレージを1つ(Cドライブ)のみにする

●キーボード、マウス以外の周辺機器を取り外す

●他ドライブより起動し、悪影響のあるアプリ・ソフトを削除する

といった対応で解決する可能性もありますが、私の場合は上記の方法を行っても解決しなかったので、回復領域からの初期化・「このPCを初期状態に戻す」からの初期化は、諦めたほうが良いかもしれません。

 

f:id:febri:20181021230155j:plain

▲この写真にはおかしな部分が存在します

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」の回避方法:回復ドライブから起動した場合

上記の2番目、回復ドライブから起動して回復を試みた場合のエラー回避方法です。

・回復ドライブより起動する

トラブルシューティングより、「ドライブからの回復」を選択

このような手順で進めれば、エラーを回避できるようです。

なぜこれでエラーが回避できるかというと、回復元が破損した回復領域(ストレージ内)ではなく正常な回復ドライブ(USB)になるからです。

 

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」の回避方法:回復ドライブを作成していない場合

回復ドライブを作成していない・作成する前に不具合・再起動ループ等で初期化せざるを得なくなった場合の対処法です。

 

・他PCがあればそのHDD/SSDを接続して起動

インストールディスクを作成し、再インストール

・他PCがない場合はWIndowsをインストールした時に利用した

メディアにて再インストール

※PCが1台しかなく、インストールメディアもない場合は正常なPCを借りるかどうにかしてインストールメディアを作成しましょう。

 再インストールを行うときの注意点としては

・Cドライブ単体(1つのディスク)のみ接続すること

トライブをフォーマットしておくこと

※フォーマットされていないドライブでは、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません」と表示される可能性があります

などが挙げられます。

インストールメディアの作成方法は、下記リンクをご参照ください▼

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/15088/windows-10-create-installation-media

初期化が成功したって、何もうれしくないよ

今回初期化するに至ったのはそもそも、ブルースクリーン→再起動ループに陥って元に戻すことが困難になったからのこと。

初期化によって得たものは

・再インストールによるPCの高速化

・多少の空き容量

反対に、失ったものは

・これまで使用していたすべての設定・アプリ

・時間(格闘時間合計5h程

・データ(一部移動を忘れた

CLIP STUDIOのライセンス(何故か認証されない

初期化を目的としていて、やっと成功した!というならば喜べますが、初期化なんてしたくなかったんですっ!

設定の変更はすぐに終わりますが、ライセンスが認証されないのが痛すぎます...

現在サポートからの回答を待っているところですが、体験版で凌ごうにもそれすら登録拒否されるという有様。

もう永久版ポチろうかな・・・

最後に

PCが不安定でどうしようもなくなったときの最終手段が「初期化」なので、それも不可能というのは非常に困ります。

回復領域はおろか、わざわざ作成したディスクでも初期化できないとは..本当にどうにかしてほしい問題です。

 

【都会から一駅の秘境】定光寺駅に行ってみました

 

何となく降り立った定光寺駅。そこは想像以上の『秘境』だった....

 

 

定光寺駅って?

定光寺駅は、愛知県春日井市玉野町にあるJR中央本線(中央西線)の駅です。

もともとは『玉野信号場』という信号場で、開設から1年後の1920年定光寺仮停車場へ昇格されました。

狭いホームはトンネルとトンネルに挟まれたカーブの途中、崖にしがみつくように設置されており、特急や快速の通過時には恐怖すら感じます。

電車は朝夕を除き約30分に1本あり、乗降客数も約200人と他の秘境駅よりは多めですが、ホームから見える景色や付近の集落・廃墟は、秘境感満載です。

 

美濃太田から多治見を目指す

f:id:febri:20181006142104j:plain

 

今回の旅のスタートは美濃太田駅。愛知県との県境近くにあり、JR高山本線太多線長良川鉄道が集まる比較的大きな駅です。

 

f:id:febri:20181006160115j:plain

ナガラ300形

長良川鉄道の車両。1両編成のディーゼルカーです。

 

f:id:febri:20181006155151j:plain

 ⇧てきとうに作った路線図

高山本線と中央線、美濃『太』田と『多』治見駅を結ぶ、『太多線』で多治見を目指します。

 

 

f:id:febri:20181006155447j:plain

 ⇧313系にそっくりな気動車、キハ25

やってきた電車...いえ、これは気動車ですね。パンタグラフがありません。

太多線は非電化路線なので、キハ75やキハ25などの気動車しか走っていません。

昔は、キハ40やキハ11なども多く見られました。

 

 

f:id:febri:20181006160412j:plain

 

乗り込んでみました。中はも...313系にそっくり。

運賃表はWIndowsで動いてました。

 

f:id:febri:20181006160929j:plain

 ⇧多治見駅太多線ホームの駅名標

多治見に到着。ここで中央本線の列車に乗り換えます。

ホームには50分以上先に発車する列車がドアを開けたまま停まっていました。

紛らわしいですね。(一度乗り込んだあとに気づいて降りたってのは内緒)

 

f:id:febri:20181006161543j:plain

コキを引っ張るEF64の姿も。多治見はJR貨物の拠点駅でもあります。

 

f:id:febri:20181006161758j:plain

 

乗車する列車がやってきました。こちら側は普通の313系ですが...?

 

f:id:febri:20181006162103j:plain

 

後ろに211系が連結されていました。

中央西線では、このような異種併結は日常茶飯事です。

 

f:id:febri:20181006162341j:plain

 

みんなクロスシート313系側に乗っていてガラガラの車内。

列車はトンネルを抜けて愛知県へ入っていきます。

 

定光寺駅に着きました

f:id:febri:20181006162611j:plain

 

ホーム狭っ!

降車客は私一人のみ。車掌さんも「何故この駅で?」という顔で私を眺めていました。

 

f:id:febri:20181006163236j:plain

 

乗ってきた電車を見送って、さあ定光寺駅を探検です。

すごいカーブだね...

 

f:id:febri:20181006174305j:plain

古虎渓駅はギリギリ岐阜県

定光寺駅の隣の高蔵寺駅は乗降客数約5万人の都会駅。2駅先の多治見駅は約3万人。

なのに定光寺駅は約200人ときたもんだからもう。

定光寺駅探検1:名古屋方面ホーム

f:id:febri:20181006163705j:plain

⇧名古屋方面ホームから高蔵寺方を望む

定光寺駅は2面2線の対向式ホームで、トンネルとトンネルに挟まれたカーブの途中、崖の横にあります。

 

f:id:febri:20181006163930j:plain

⇧名古屋方面ホームから多治見方を望む

少し上には切り立った崖が見えます。

この時点ではまだ、秘境感はあまり感じられませんが...

 

f:id:febri:20181006164259j:plain

後ろを振り返るとそこには玉野川(庄内川)の渓谷が。

お...落ちそう.....

 

f:id:febri:20181006165248j:plain

 

待合室はまるで空中に建っているかのようです。

 

f:id:febri:20181006165402j:plain

⇧窓がないので冬は大変そう。

待合室の中からも絶景を眺めることができますが、窓なんてないのでカメラを落とさないようにご注意を。

 

f:id:febri:20181006165610j:plain

⇧2006年に設置された簡易TOICA改札機

改札は簡易TOICA改札機。他の簡易改札機設置駅と違い、入場も出場も両方前を向いていました。

 

f:id:febri:20181006165831j:plain

 

飯田線と同じようなきっぷ回収箱も設置されていました。

右下に小さくJR東海と書いてあるので、最大でも31年前のものかな。

 

f:id:febri:20181006170308j:plain

⇧速すぎてブレブレな383系ワイドビューしなの』号

そうこうしているうちに自動放送が入り、特急しなのが車体傾斜装置を使って高速で通過していきました。

 

f:id:febri:20181006170813j:plain

⇧タキ1000形...たぶん。

こちら側を通過していったのは貨物列車でした。特急よりは低速ですが、ホームが狭いので大分怖いです。

 

定光寺駅探検2:多治見方面ホーム

f:id:febri:20181006171312j:plain

 

続いて、反対側の多治見・中津川方面ホームへ行ってみます。

反対側のホームへ行くには階段を降りて、トンネルをくぐらなければいけません。

 

f:id:febri:20181006171647j:plain

 

待合室の隣の建物から階段を降ります。

 

f:id:febri:20181006171753j:plain

 

薄暗い階段を降りていきます。結構急です。

 

f:id:febri:20181006174937j:plain

 

階段を降りた左手に、ホームへ渡るトンネルがありました。真ん中にぽつんと立っているのはきっぷ回収箱です。

 

f:id:febri:20181006175129j:plain

 

トンネルの反対側には出口がありました。

ホームより川に近いので、より美しい景色が眺められます。

 

f:id:febri:20181006175712j:plain

 

トンネルに入ってすぐ、左手に見えたのは大きな『60』の文字。

なるほど、1967年5月に完成したんですね。

調べた所、W/Cとは水:セメントの比率を表す"水セメント比"だそうで、この場合セメント100Kgに対し水が58㍑混ぜられているようです。

 

f:id:febri:20181006180702j:plain

 

突き当りで左に曲がり、赤く塗られた階段を上っていきます。

トンネル内はいくつも蛍光灯が設置されていて、外と変わらない明るさでした。

 

f:id:febri:20181006181859j:plain

 

トンネル出口には銘板が。昭和42年5月27日、約51年前ですね。

 

f:id:febri:20181006181055j:plain

⇧多治見・中津川方面ホームより高蔵寺方を望む

多治見方面ホームに着きました。こちら側は屋根のある距離が長いですが、落石対策かな?

 

f:id:febri:20181006181214j:plain

⇧多治見・中津川方面ホームより多治見方を望む

反対側を見てみると、結構なカーブになっているのが分かります。その先にはすぐトンネルがあるので、ここに造るしかなかったんでしょうか。

 

f:id:febri:20181006182315j:plain

 

1966年から使われている新愛岐トンネルから列車がやってきました。

近代化産業遺産・旧愛岐トンネル郡の方も、見に行ってみたいですね。

 

f:id:febri:20181006182621j:plain

⇧快速名古屋行き、313系1500番台?+211系5000番台

やってきたのは快速名古屋行きです。これまた高速で駅を通過していきました。

 

f:id:febri:20181006183339j:plain

 

ホーム横には謎の穴?が。はしごが新しそうなので、下になにかあるのかな?

 

f:id:febri:20181006183547j:plain

 

さて、そろそろ駅の外に出てみましょうか。

 

f:id:febri:20181006183650j:plain

⇧トンネル内から玉野川方向を望む

階段をおりて、トンネルをくぐって先程のホームへ戻ります。

 

f:id:febri:20181006183915j:plain

 

さて、ホームへ戻ったら出口という看板の下から階段を降ります。

ここの階段といい、トンネルの階段といい、定光寺駅の階段はみんな急だな。

 

f:id:febri:20181006185342j:plain

 

階段の途中からは愛知高原国定公園の門?が見えました。

近くに観光地はあるようですが、どれも徒歩圏外....

 

定光寺駅探検3:駅周辺を散策

f:id:febri:20181006184543j:plain

⇧比較的新しそうな看板です。

階段の下から。この看板が無かったらおそらく10人中9人が素通りするでしょうな。

 

f:id:febri:20181006191451j:plain

 

上を見上げてびっくり!ホームは薄い木の板と鉄枠で、しかも崖から飛び出ています。

さっきまであんなところに立っていたなんて.... 

 

f:id:febri:20181006184817j:plain

 

名所案内は下2つが消されている....一体何があったというのだ。

しかし、名所案内があるだけましかな。

 

f:id:febri:20181006184940j:plain

⇧左が名古屋方面、右が多治見方面

名所案内の隣りにある時刻表はスカスカ...といっても、朝は一時間最大6本も停車するようです。

 

f:id:febri:20181006185737j:plain

 

観光地なので観光案内図もありますが、剥がれてきてしまっています。

 

f:id:febri:20181006190208j:plain

 

駅を出て左手に進むと、トイレを発見。ちゃんとトイレがあるのはありがたいですね。

ちなみに懐かしの汲み取り式です。

 

f:id:febri:20181006185943j:plain

 

さらに進むと、花が咲いているエリアがありました。

自然に生えたのか、手入れされているのか。

 

f:id:febri:20181006190412j:plain

 

南国風の木も見られました。これは、何の木でしょうか。

 

f:id:febri:20181006190537j:plain

 

道路右手には玉野川(庄内川)の渓谷が。

同じ川でも名古屋の街中とは全く違う表情を見せるのが面白い。

 

f:id:febri:20181006190840j:plain

 

多治見方面ホームへの入り口に着きました。

ここには何の案内もありません。まあ分かるからいいか。

この先にはなにもないので、ここで引き返します。

 

f:id:febri:20181006191246j:plain

 

駅の右手側にある看板です。これだけ見ると、山奥へ来たかのようですね。

 

f:id:febri:20181006191707j:plain

⇧細い道路を高蔵寺方面へと進んでいきます

片側が山で、片側は川沿いに建つ集落。喫茶店もありました。

 

定光寺駅付近の廃墟『千歳楼』

f:id:febri:20181006191919j:plain

 

暫く歩くと、謎の廃墟が姿を現しました。

んんん、なんだこれ。

 

f:id:febri:20181006192029j:plain
f:id:febri:20181006192034j:plain
f:id:febri:20181006192203j:plain
f:id:febri:20181006192209j:plain
f:id:febri:20181006204408j:plain
f:id:febri:20181006204359j:plain


手すりは錆びて曲がり、窓ガラスは割れて、板で塞がれています。

軽犯罪法違反の罪に問われる?ただの廃墟なら、こんな張り紙はないはず.....

 

と思って調べてみたら、この廃墟は『千歳楼』といって、2003年に6億円の負債を抱えて倒産した旅館のようです。

しかも、経営者の行方がわからなくなり放火・不審火が起こったり、白骨死体が見つかったりと事件が続いたためにこのような張り紙、そして監視カメラが設置されているみたいですね。

⇩千歳楼現役時代の記事

藤田さんちの休日ー定光寺千歳楼

調べる前に行ってよかった....

 

 城嶺橋(しろがねばし)

f:id:febri:20181006204621j:plain

⇧ホームから見た城嶺橋

千歳楼から少し戻ると、城嶺橋(しろがねばし)があります。

 

f:id:febri:20181006204758j:plain

⇧駅側(春日井市)から瀬戸市側を眺める

この橋の手前側が愛知県春日井市、向こう側は瀬戸市で、駅名の由来となった定光寺はこの端を渡った瀬戸市側に建っています。

 

f:id:febri:20181006205028j:plain

⇧城嶺橋から多治見方面を望む

橋からは玉野川の美しい流れを望むことができ、度々通過する列車の警笛と相まって一層の秘境気分を味合わせます。

 

f:id:febri:20181006205400j:plain

⇧城嶺橋から高蔵寺方面を望む

反対側には千歳楼の姿も。外にある階段の横には昔、大浴場があったようですが、火事で焼けてしまったそうです。

 

 

名古屋へ戻ります

f:id:febri:20181006205654j:plain

定光寺駅の待合室ベンチより

そうこうしているうちに列車が到着する時間が迫ってきたので、慌ててホームへ駆け上がります。

 

f:id:febri:20181006205823j:plain

⇧ガラガラな電車。高蔵寺・春日井・鶴舞と停車するうち混雑してきました

相変わらず空いている列車に乗って、名古屋へ向けて出発です。

 

f:id:febri:20181006210137j:plain

東海道線駅名標なので、次駅が『おとうばし』

うとうとしていたらあっという間に名古屋に着きました。

というわけで、これで今回の旅はおしまい。

 

最後に

 

なんで今回は美濃太田から乗ったの?

美濃太田で用事があって、その帰り道に何となく定光寺駅に降りたんだよ...

下調べせずに行ったから、あの廃墟の事件のことも知らなかったんだよ...

それは、ある意味良かったかもね。

う、うん。

 

 

 

 最後までご覧いただきありがとうございました!

ダイソーの300円手帳型ケースが意外と使えたので紹介してみる【100均】

f:id:febri:20181005195317j:plain

どうも、スマホケースを約120日に一回付け替えているふぇぶりです。

 

先日、偶然通ったダイソーでこんな商品を衝動買いしてしまったので紹介します。

 汎用スマホカバー『Smartphone Cover』

f:id:febri:20181005192303j:plain

(背景がダンボールな件)

Smartphone Cover(スマホカバー各機種対応タイプ)です。税込み324円と少しお高めですが、布地でデザインも気に入ったため買ってみました。

カラーは水色/白と紺色/茶の二色がありました。

開封

中身を取り出してみましょう。

f:id:febri:20181005193020j:plain

f:id:febri:20181005193049j:plain

表面の水色の部分はジーンズっぽい生地、白い部分は革っぽい生地です。ところどころ糸が解れているのは...100均だからしょうがないか。

 

f:id:febri:20181005193247j:plain

 

中には3つのカードホルダーと、スライド式の吸盤があります。

 

実際に使ってみた

スマートフォンを装着し、試してみます。

 

f:id:febri:20181005193534j:plain

iPhone 5s(SE)

小さな機種から装着していきましょう。

まずはiPhone 5sから。小さすぎて違和感ありまくりです。

大きさが足りないため、振ると勝手にスライドしてしまいました。

 

f:id:febri:20181005193816j:plain

iPhone 6(6s・7・8)

続いて4.7インチの機種です。ちょうどいい気もしますが..やはり振るとずれてしまいますし、上下の隙間が多すぎます。

吸盤の粘着力は、振っても取れない程度にはありますが、角を押してやると斜め・横に簡単にズレてしまいます。

 

f:id:febri:20181005194154j:plain

Xperia Z4(Z3・Z5)

最後は5.2インチのXperiaです。振ったときのズレも、上下の隙間もなくきっちりと装着できました。

 

f:id:febri:20181005194601j:plain

⇧スライドさせたときの飛び出し具合

カメラでの撮影には全く問題なし。フラッシュも大丈夫でした。

 

カードポケット

f:id:febri:20181005194715j:plain

ICカードを入れてみました。すんなり入って、分厚さも感じません。

 

f:id:febri:20181005194807j:plain

と、他にカードが見当たらなかったのでSDカードと絆創膏を入れてみました。この状態でケースを閉じても、違和感はありません。

 

まとめ

あくまでも100均なので期待はしていませんでしたが、それなりに使えました。

特にカードポケットは1000円以上するケースより入れやすいです

4.7インチiPhoneは小さすぎ、Plus(5.5インチ)では大きすぎるので、

5インチ以上のAndroidスマートフォンをお持ちの方に、おすすめします。

 

 

 

ではまた。

飯田線(豊橋~飯田間)を5時間かけて乗り通してきました!【青空フリーパスの旅#2】

今回は【#2】です。

 

前回の記事はこちら。

 

febri.hatenablog.com

 

中部天竜駅を出発です

f:id:febri:20181003195359j:plain

 

中部天竜駅を出ると、天竜川の支流である水窪川(みさくぼがわ)の横を走ります。

横と言っても、鉄橋を渡って右に左に行ったり来たり。

水のない河原に橋が架かっている、なんてところもありました。

水窪駅-静岡県浜松市天竜区水窪町

f:id:febri:20181003200223j:plain

川の名前と同じ駅名の、水窪(みさくぼ)駅に到着。

1955年、佐久間ダム建設による経路変更に伴い、新線上に開業したという経歴を持つこの駅です。周囲に市街地が広がる特急停車駅で、対向列車行き違いのため5分ほど停車します。

 

f:id:febri:20181003201246j:plain

こちらは待合室。この駅始発・終着列車も設定されているので、他の駅と比べると少々立派です。

2001年までは有人駅だったそうですから、待合室のほか、駅舎も存在します。

 

f:id:febri:20181003201734j:plain

 

やってきた対向列車は豊橋行きの特急『ワイドビュー伊那路』号でした。

写真には方向幕しか写っていませんが、この373系車両はかつて9両で『ムーンライトながら』の運行を担当していました。

 今は185系10両編成だよ!

f:id:febri:20181003202249j:plain

留置線には何やら事業用車っぽいものがとまっていました。

あの黒いアーム、何に使うんだろ。

 

小和田駅-静岡県浜松市天竜区水窪町

f:id:febri:20181003202504j:plain

 

ちょと昔にブームになった秘境駅ランキング3位の、『小和田駅』に到着。

駅の前には家もなければ道路もなく、山を下る一本道が続いているだけのなんにもないところです。

佐久間ダムが出来るまでは付近に集落が存在したため、一定数の利用はあったそうですが、現在の利用者は12人ほど。それも、鉄道ファンや登山客が多いそう。

毎年秋に運行される臨時列車『飯田線秘境駅号』の停車駅にもなっていますし、現在は観光メインの駅として営業を続けているようですね。

 

f:id:febri:20181003203837j:plain

 

静岡県・愛知県・長野県、3県境の看板。実際にはもう少し上流ですが、三県境付近にある駅なんて、珍しいですね。

 

中井侍駅-長野県下伊那郡天龍村

f:id:febri:20181003204519j:plain

秘境駅2つ目の、中井侍駅に着きました。1日の利用者は8人(2015年)です。

ぽつんとあるきっぷ回収箱が哀愁を漂わせていますね。

このトンネルの左側には飯田線旧線があり、佐久間ダム建設まではこの線路を利用していたそうです。

 

為栗駅-長野県下伊那郡天龍村

f:id:febri:20181003205810j:plain

ためくり?いえ、してぐりです。

飯田線秘境駅だけでなく難読駅名も多いようです。

 

1つ目の終点、天竜峡

f:id:febri:20181003210754j:plain

天龍村を抜け、飯田市に入ってしばらくすると、豊橋から4時間、やっと天竜峡に着きました。

乗ってきた列車はここが終点。

次の列車まで時間があるので、辺りを観光してみましょう。

 

f:id:febri:20181003211220j:plain

構内踏切を渡って改札を出ると、可愛らしい駅舎が見えました。

窓にはまっているのはステンドグラス。屋上の風見鶏も相まって、なんだか小さな教会のよう。

天竜峡駅はその名の通りの観光地。数々の商店が立ち並び、活気にあふれています。

f:id:febri:20181003212001j:plain

 

天竜峡駅に来たら天竜峡を見なければ、というわけでつつじ橋というところにやってきました。みな考えることは一緒のようで、私の他にも数人が、橋の方へ歩いて行きました。

 

f:id:febri:20181003212443j:plain

 

これがつつじ橋。一見危なそうにも見えますが、全く揺れない頑丈な橋でした。ただ、柵が低いからちょっと怖い。

 

f:id:febri:20181003212517j:plain

橋の上から見る景色はこのようなもの。美しい川の流れに思わず見惚れてしまいます。

 

f:id:febri:20181003212808j:plain

階段を登って上から見下ろす。橋の高さがよく分かりますね。

 

f:id:febri:20181003213116j:plain
f:id:febri:20181003213139j:plain

天竜ライン下りの船がやってきました。船頭さんが一生懸命漕いでいらっしゃいます。

こんどはこの船に乗って、下からつり橋を眺めてみたいですね。

 

f:id:febri:20181003213525j:plain

 

川岸に船がとまっていました。船着き場でしょうか。

 

f:id:febri:20181003213646j:plain

座り続けて凝り固まった筋肉をほぐしたところで駅に戻りましょう。

ここから乗車するのは普通・茅野行き。飯田線を抜け中央本線茅野駅まで行く列車です。なんですが、先程まで乗っていた列車が留置線に引き上げ、再び戻ってきただけで車両はそのままの213系H9編成でした。

 

f:id:febri:20181003214600j:plain

 

またも対向列車を退避。飯田線は単線のため退避することが多いですが、それが途中下車できる時間となるのでうれしいのです。

 

飯田駅-長野県飯田市

f:id:febri:20181003215100j:plain

AM 13:00ちょい。今回の目的地であり、飯田線の名前の由来でもある飯田駅に到着。

豊橋から約5時間、飯田線普通列車の旅もこれにて終了です。

え、まだ半分だよ?

f:id:febri:20181003215606j:plain

ホームには長野色の211系が停まっています。スカートが無骨なのは、雪対策でしょうか。

それより前についてるでっかいドリルが気になる...

f:id:febri:20181003215948j:plain

飯田駅の駅舎です。赤い屋根にステンドグラス....どこかでみたような。

f:id:febri:20181003220158j:plain

さて、飯田駅周辺を散策したら、早々に列車に乗り込みます。もちろん帰りも普通列車。帰りの列車はワンマン列車でした。

ワン◯ンマン列車?

f:id:febri:20181003221131j:plain

行きの213系には無い、バスのような運賃表示器がついていました。

 

f:id:febri:20181003220525j:plain

 

あっという間に天竜峡まで戻ってきました。やっぱり帰りは早く感じる。

錯覚だよ。

f:id:febri:20181003220910j:plain

 

うとうとしていたら、豊橋に着いてしまいました。

辺りはもう真っ暗です。

行きに写真撮りすぎて、帰りの写真が無い...

f:id:febri:20181003221422j:plain

というわけで、今回の旅はここでおしまい。

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!

 

Surface Pro 6/Laptop 2 /Studio 2 発表。真っ黒になって帰ってきた3兄弟はいかが?

2018年11月5日追記:

Surface Pro→Pro2→Pro3→Pro4→Pro→Pro6...あれ?

 

Microsoftは日本時間10月3日午前5時にニューヨークで開催したメディア向けイベントにて、最新の『Surface』シリーズを3機種、発表しました。

 

新色も追加され、『Newモデル』感が強まった今回のSurface。一体どこが進化しているのでしょうか。

 

 

 

Surface Pro 6

f:id:febri:20181003102127j:plain

主要スペック

CPU:Core i5-8250U(最下位)・Core i7-8650U(最上位)

RAM:8GB/16GB

ストレージ:128GB、256GB、512GB、または1TB

ディスプレイ:12.3インチ、アスペクト比3:2、2736 x 1824(267 PPI

カメラ:8MPオートフォーカスカメラ(リア)

Wi-FiIEEE 802.11 a / b / g / n / ac互換

Bluetooth:4.1

ポート類:フルサイズUSB 3.0、3.5 mmイヤホンジャック、Mini DisplayPort
     Srface connect(充電端子)、Surfaceタイプカバーポート3
     MicroSDXCカードリーダー、Surfaceダイヤル対応*

バッテリー持続時間:13.5時間

寸法:292mm×201mm×8.5mm

重量:Core i5モデル=770g、COre i7モデル=784g

カラー:シルバー・ブラック

価格:899$~

Introducing the New Surface Pro 6 – Ultra-light and Versatile – Microsoft Surface

www.youtube.com

 

12.3インチ、3:2の画面比率がPro5と変わらないため、解像度は2,736 x 1,824ピクセルかと思われます。

フルモデルチェンジされるという噂もありましたが、今回はプロセッサの更新、カラーの追加にとどまりました。しかし、第7世代CPUから第8世代への進化はものすごく大きいもので、Surface Pro 6は、2017年に発売された前機種よりも性能が67%向上しているといいます。

 

Surface Laptop 2

f:id:febri:20181003105141j:plain

主要スペック

ディスプレイ:解像度2256 x 1504(201 ppi)アスペクト比3:2、10点タッチ

CPU:Intel Core 8th Gen i5またはi7

RAM:8GB/16GB

ストレージ:128GB/256GB/512GB/1TB

Wi-FiIEEE 802.11 a / b / g / n / ac互換

Bluetooth:4.1

ポート類:フルサイズUSB3.0、3.5mmイヤホンジャック、Mini DIsplayPort、

     Surface Connect port(充電端子)

バッテリー持続時間:14.5時間

カメラ:720p HDカメラ(Windows Hello対応)

寸法:308.1mm x 223.27mm x 14.48mm

重量:Corei5モデル=1,252g、Core i7モデル=1,283g

カラー:ブラック・プラチナ・バーガンディ(赤)・コバルトブルー

価格:13万6944円

www.microsoft.com

こちらはCPUが更新されると共に、メモリが最低8GBからの選択になりました。カラーバリエーションはブラックが追加された代わりに、旧モデルの『グラファイトゴールド』は姿を消しました。

米国価格は999$~となっていますが、Surface Goと同様に、Officeが同梱されるため日本販売価格は13万6944円~と割高になっています。

 

 

Surface Studio 2

f:id:febri:20181003112045j:plain

主要スペック

ディスプレイ:4500 x 3000 (192 ppi)アスペクト比3;2、10点マルチタッチ

OS:Windows 10 Pro

CPU: インテル®Core™7th Generation i7-7820HQ

GPUNVIDIA®GeForce®GTX 1060 6GB/1070 8GB

RAM:DDR4 16GB/32GB

ストレージ:1TB/2TB SSD

Wi-Fi802.11ac Wi-Fiワイヤレスネットワーク、IEEE 802.11 a / b / g / n互換

無線:Bluetooth4.0、Xboxワイヤレス内蔵

カメラ:5MP 1080p HDカメラ(Windows Hello対応)

ポート類:USB3.0 x 4、SDカードリーダー、USB-C x 1

                  3.5mmイヤホンジャック、ギガビット・イーサネットポート

寸法:ディスプレイ部=637.35mm×438.90mm×12.50mm

           ベース部=250.00mm x 220.00mm x 32.20mm

重量:最大9.56kg

価格:16GB/1TBモデル=3,499$、32GB/1TB=4,199$、32GB/2TB=4799$

www.microsoft.com

 

旧モデルからおよそ2年ぶりとなる今回のSurface Studioは、CPUが第6世代から第7世代に、GPUがGTX 965Mor980MからGTX1060or1070へと強化され、性能が向上しました。ディスプレイの解像度や色域に変化はありませんが、輝度は38%上昇、コントラストは22%強化されています。

 

 

 

 

 

最後に

Surface Pro 6、Laptop 2共に第八世代Coreを搭載しているのに、なぜStudioだけ第7世代Coreなのでしょうか?

技術的な問題なのか、戦略的にそうしているのか。

7→8の進化が大きいだけに、なぜ良いCPUを使わないのか、疑問に思ってしまいます。

ただどんなCPUを積んでいようと、Surface Studioが魅力的な製品であることに変わりありません。

 

f:id:febri:20181003114344j:plain



image:Microsoft Surface Pro 6 announced: Price, photos, availability - Business Insider

Microsoft’s Surface Laptop 2 may come in a black variant - The Verge

 

 

 

 

飯田線(豊橋~飯田間)を5時間かけて乗り通してきました!【青空フリーパスの旅#1】

今回は初!の旅日記を書いちゃうよ!

 

まぁ、旅とは言っても、ほとんど電車に乗ってるだけだったけどね...

 

 

飯田線って?

飯田線は、豊橋鉄道鳳来寺鉄道・三信鉄道・伊那電気鉄道の4つの私鉄が、国有化・統合されて出来た195.7kmの路線です。

愛知県・静岡県・長野県の三県にまたがっており、飯田線全線(豊橋~辰野)駅数は94駅

沿線には数々の観光名所が点在するため、特急列車「伊那路」号や臨時列車もしばしば運行されています。

全線を普通列車で乗り通すと約7時間かかること、線内に秘境駅が6つ存在することなどから「究極のローカル線」とも言われています。

青空フリーパスって?

今回使うのはJR東海の特殊きっぷ『青空フリーパス』です。

区間、曜日が限定されたフリーきっぷで、大人2570円、小人1280円です。

f:id:febri:20181002201230g:plain

上記の区間がフリー区間として利用できますが、利用可能日は土曜・休日・年末年始(12月30日~1月3)に限られているという変わったきっぷです。

豊橋チンチン電車に乗るの巻

AM 5:30ちょい。

f:id:febri:20181002103625j:plain

名古屋駅で始発から2番目の普通豊橋行きに乗り、豊橋へ向かいます。

 

名古屋から乗ったのに、なんで駅名標西小坂井なの!

 

すみません、撮り忘れました。

 

f:id:febri:20181002110754j:plain

東海道線東海道線でも、東京とは違って4両編成です。

が、車内はガラガラ。まっ、早朝だからね☆

 

京浜東北線の始発に乗った時は、もっと混雑していたような...

 

しかも、10両編成だったような...?

 

f:id:febri:20181002105457j:plain

朝焼けがきれいだったので撮ってみました。

 

f:id:febri:20181002112236j:plain

 

っとかなんとかやってる間に豊橋にとーちゃーく。

豊橋駅は、1888年に開業した東海道線豊橋駅』と、1899年に開業した豊川鉄道(飯田線)『吉田駅』とが合体して開業したターミナル駅です。

 

開業130周年だね!

 

f:id:febri:20181002112857j:plain

名古屋から1時間20分ほど乗車したので、現在AM 7:00ちょっと。

どこで朝食を摂ろうかな、と駅の周りをぶらぶらしていたらこんなものを発見しました。

 

f:id:febri:20181002115730j:plain

路面電車

県内唯一の路面電車豊橋鉄道東田本線の元名鉄モ780形です。

いきなり今回のタイトルから大きく逸れますが、せっかく来たことですから、記念に乗っておきましょう。

 

最初から乗る気満々だったでしょ...

 

f:id:febri:20181002120456j:plain

 とりあえず、豊橋鉄道の営業所がある『競輪場前』駅で下車。

車内は意外と混雑していました。

ここには留置線があり、ラッピングが施された車両が停まっていました。

ここまで近寄れるってすごい。

 

f:id:febri:20181002122634j:plain

豊橋駅に戻ってきました。

この路面電車は日本一の急カーブを通ることが有名だそうで、そこを通る時には脱線しないものかとヒヤヒヤさせられましたよ。

そんなんでよく山道を走る飯田線に乗ろうと思ったね....

 

時刻は8時前。そろそろ飯田線ホームへ向かいましょう。

 

やっとこさ飯田線に乗る!の巻

f:id:febri:20181002125012j:plain

⇧写真は飯田駅で撮影したものです(汗

普通 | 天竜峡 に乗車します。

乗車しま...

乗車し..あれ、ドアが開かない。

 

f:id:febri:20181002132140j:plain

って、なんじゃこりゃ!

飯田線などローカル線の列車は、ボタンを押さないと開かない、半自動ドアの車両で運行されていることがあります。

 

f:id:febri:20181002143928j:plain

 

車内はこんな感じ。

今回乗車した213系5000番台は普通車ながら2扉転換クロスシートで、特急車並(?)の豪華な車内となっています。

車端部はロングシートだよ☆

 

f:id:febri:20181002144429j:plain

 

座席はこんな感じ。背もたれしか写っていないのはご愛嬌ということで。

座り心地は...まあまあです。

右端の黒い取っ手を手前に引くと、シートの向きが変わるようになっていました。

 

おばちゃん達が力ずくでシートをひっくり返しててうるさかった...

 

さ、ここから約4時間は降りられません。

ひとまず、乗り換え地点の天竜峡までいきましょう!

 

 

飯田線普通列車耐久ツアー・豊橋中部天竜

f:id:febri:20181002151348j:plain

⇧写真はイメージです(313系のパンタ

 豊橋を出ると、まずは『船町』『下地』の二駅を通過します。

 

へ?普通なのに?

 

ここ、豊橋~平井信号場間は私鉄・名古屋鉄道と線路を共用しているため、すべての列車を停車させているだけの余裕がないのだそうです。

 

知らずに来たら「なんで通過するんだ!」ってなりそう。

 

f:id:febri:20181002152454j:plain

豊川を過ぎると、次第に山が見えてきました。

え、まだ豊橋からちょっとしか経ってないのに。

撮影したのはかなり前なので、紅葉はありません。

 

湯谷温泉駅-愛知県新城市豊岡

f:id:febri:20181002170201j:plain

豊橋を出て一時間半、湯谷温泉(ゆやおんせん)にとうちゃく。

大正12(1923)年開業当時のままの木造駅舎が、歴史を感じさせます。

もともとは旅館として建てられたものみたい。

三河槙原駅-愛知県新城市豊岡

f:id:febri:20181002152924j:plain

 

湯谷温泉の次の、三河槙原駅にとうちゃーく。

ここでは対向列車を退避するため、4分間と少し長めに停車します。

 

f:id:febri:20181002153617j:plain

 

外に出てみました。

四方を山に囲まれた、いかにも『ローカル線の駅』って感じの駅です。

 

この駅の近くに昔、採石場があったんだって。あの山肌は削った跡かな?

 

f:id:febri:20181002153833j:plain

 

反対側には、トンネルがありました。

ちなみに、この駅の1日の乗降客数は112人です。

 

f:id:febri:20181002160116j:plain

ホーム反対端には構内踏切がありました。

それにしてもいい天気だなぁ~。

乗り遅れると3時間待ちだから、車内に戻るよ!

 

池場駅-愛知県新城市池場

f:id:febri:20181002160846j:plain

⇧急いで撮ったのでブレブレ

続いて『池場駅』に到着。

この駅は乗降客数が愛知県最下位の、1日約10人しかいないことで有名です。

まあ、飯田線には乗降客数0人の駅もあるんだけどね・・

 

f:id:febri:20181002163203j:plain

列車は山中奥深くへと進んでいきます・・・

8時に乗車してもう10時です。お腹が空いてきました。

東栄駅-愛知県北設楽郡東栄町

f:id:febri:20181002164709j:plain

 

東栄駅には、町内で行われる花祭をモチーフとした鬼の駅舎がありました。

かつては急行停車駅だったようですが、現在は普通と快速しか停まらない無人駅です。

出馬駅-静岡県浜松市天竜区佐久間町

f:id:febri:20181002172607j:plain

 やっと、やっと愛知県から脱出できましたよ。

この出馬駅と次の上市場駅の駅間距離は、飯田線最短の約600mだそうです。

 

 

しかし、この駅名(いずんま)じゃなくて(しゅつば)にしか読めないな・・・

ひらがなを大きくしてくれた東海さんには感謝だね。

 

f:id:febri:20181002173521j:plain

 

続いて早瀬に到着。

左奥に見えているのは車道。ホームは道路から少し下がった位置にありました。

 

中部天竜駅周辺を探索してみる

中部天竜駅-静岡県浜松市天竜区佐久間町

f:id:febri:20181002175737j:plain

ふぅ~。やっとこさ中部天竜駅に到着です、ここまで2時間10分ほど。

ここで20分の休憩退避停車があるので、その間に駅周辺を散策してみようと思います。

 

f:id:febri:20181002180955j:plain

 

んんん、これは。

佐久間レールパークの名残りですね。

 

f:id:febri:20181002181149j:plain

2009年に閉館しちゃったけど、一度くらいは来てみたかったな。

一部の車両は、名古屋のリニア・鉄道館に移転されたみたいですね。

 

f:id:febri:20181002182338j:plain

 やっぱり空がきれい。

では、乗ってきた電車を見送って改札を出てみましょう。

 

f:id:febri:20181002182456j:plain

 

中部天竜駅舎です。

バス停もあり、広場のようなつくりになっています。

 

 

f:id:febri:20181002182938j:plain

自販機もありました。

TKJて...城北線じゃん。都会のローカル線じゃん。

東海交通事業(TKJ)城北線=愛知県春日井市清須市を結ぶ複線非電化路線。列車は1両で運行されており、朝夕は30分に1本、それ以外は1時間に1本しかない。途中の2駅は名古屋市西区にあるのにこの有様なため、『都会のローカル線』などと揶揄されている。

 

f:id:febri:20181002183340j:plain

 

駅前広場を出てみました。

民家が立ち並んでいますが、人っ子一人いませんね。

レールパークが閉館する前は、もう少し賑わっていたのかな...?

f:id:febri:20181002194952j:plain

 

赤い橋がありました。

B橋というそうです。

撮影が下手なせいで全然『B』橋に見えない!

f:id:febri:20181002194729j:plain

 

薄くなって読めない観光案内図(?)がありました。

な~んてのんびり散策しているうちに15分も経ったので急いで駅へ戻ります。

 

f:id:febri:20181002195423j:plain

 

中部天竜駅に戻ってきました。

さっきと同じ席についたら、天竜峡へしゅっぱーつ。

 

まとめ

中部天竜まで来たけど、まだ半分ほどだし、飯田なんてはるか山の彼方...

 

鈍行だと進んでる感じがしないから、いつ着くのか不安になるよね。

 

ま、それが楽しいんだけどね☆

 

今回はここまでですが、次回【#2】に続きます。閲覧ありがとうございました!

ブラウザ版YouTubeの新機能『ミニプレーヤー』が便利!スマホと同じように使えます

どうも、今頃Vtuberにハマっているふぇぶりです。

 

今回は、PCブラウザ版YouTubeの新機能、『ミニプレーヤー』がとても便利だったので、紹介していきたいと思います。

 

 

Chomeをバージョンアップしたら出てきた

先日Google Chromeのバージョンを69.0.3497.100へアップデートしたのですが、その後いつものようにYouTube動画を嗜んでいると、あるアイコンが増えていることに気が付きました。

f:id:febri:20180929062732j:plain

これは『ミニプレーヤー』といって、YouTubeアプリの動画再生小窓のようなもの。

調べてみると、半年以上前から新機能としてテストが重ねられていたようですが、形は変化していますね。

www.amw.jp

 

ミニプレーヤーの使いかた

 

 

 

f:id:febri:20180929064026j:plain

 通常通りブラウザにてYouTubeを開き、好きな動画を再生します。

 

f:id:febri:20180929063925p:plain

左から3番目、真ん中にあるマークにマウスをかざすと「ミニプレーヤーを有効にする」をいう表示が出てくるのでクリック!

 

f:id:febri:20180929070138j:plain

 

見事、ミニプレーヤーを表示することができました。もとの再生画面に戻りたい時は、ミニプレーヤーのどこかをクリックすると戻れます。

小窓の状態も、ホーム画面、それぞれのチャンネルに行くことができ、操作方法はYouTubeアプリと何ら変わりありません。

が、設定画面に入ってしまうとミニプレーヤーは非表示となるのでご注意ください。

 

f:id:febri:20180929063701p:plain

ミニプレーヤーでは再生/停止の他、前後の動画へのスキップもできます。

音量調整は不可能でした。

 

いつの間にか登場していたミニプレーヤー機能。これによって、より快適にブラウザ版YouTubeを利用することができますね!

今回はChromeでの動作を紹介しましたが、edgeやFirefoxでの利用も可能です。

 

最後に、今回登場した動画です。よろしければどうぞ。

 



 

画像出典:https://www.youtube.com/channel/UCLhUvJ_wO9hOvv_yYENu4fQ

https://www.youtube.com/watch?v=gPqhoulfwkw&t=112s